YOLO-You only live once-

4月からYoutubeを通して、世界の文化の違いを発信する21歳!旅の日誌。旅に関する情報を発信します!おこしやす、僕のブログへ。笑

外国人から見た日本人の国民性ってわかります?

最近出会ったフランスからインターンシップで日本に来ている子と話している中で

日本人のパーソナリティー、国民性についてちょっと「そうなんや〜」と思った事があったのでそれを今回は記事にしてみました。

 

彼女とは7月に知り合ったんですよね、初めての日本で、インターンシップ

日本語もままならないので、英語で話しています。僕も「英語の勉強なるし、フランス語を教えてもらう代わりに日本語教えてあげるわ!」みたいなテンションで話してたんですよ。

 

色々な話をしていたんですけど、僕いっつも仲良くなったら人(海外から来る人)には聞く事があって。

「日本人の事、あなたはどんなパーソナリティーを持っていると思う?」みたいな事を聞きます。僕らは日本人ですから日本人について知っているつもりでも聞いてみると案外「え!そんな感じで思ってるんや!」って思う事があります、そうゆうのが面白くていつも聞いているんですよ。

 

今回も仲良くなっていると思ったのでいつもの感じで聞いてみました、「日本人ってどんなイメージ?」って。

 

そしたらなんか彼女急に考えて、少し申し訳なさそうな顔しながら僕を見てるんです。

「いや、どしたん?笑 ええよええよ正直に言ってな!」って言ったら

 

「あなた日本人だし、良い人だからあまり言いたくないって。けど言うと、日本人は本当に外国人と日本人を分けるよね。」

って。

 

なんとなーくはわかりましたよ、僕にもその経験はありしたから。でも、その続きがあって。

 

「私の会社には5年間日本に住んでいて、日本語も話せる人がいるの。けどその会社ではまだ”彼は日本語が話せない”って言われてるの。」

 

うーん、ちょっと難しいので僕の場合で考えてみましょう。

僕は英語を勉強しています。そして、しゃべる練習をしに行っている時にいつも「ごめんなぁ俺の英語まだまだやねん!」って言うと「大丈夫!あなたの英語は良いよ!」と言って僕のつたない英語でもがんばって聞き取ってくれていました。その友達とは今でも交流があって電話とかもします。

さて、その友達は僕のことを【英語が話せない人】として見ているのでしょうか?

僕はそうではないと思っています。確かにつたないですが、僕なりの英語で笑いあえるので【話せる】に分類しても良いかと。

 

話を戻しましょう、彼女の言った「日本人はいつまでも外国人=日本語が話せない。」は確かにある事ですね。

それに対して、日本人はどう思っているのかなぁ。もちろん僕は生粋の日本人なので心は日本人です。

でも、色々な国も見て、人を見て、やっぱり思うのは日本人はオープンでは無いかな。

もちろん人によりますし、個人差はもちろんあります。けど、全体のイメージとして見られている事には変わりがなくて。

 

けどね、理由って1つしか無いんです。

英語に対する苦手意識、恥ずかしさ。

これに尽きます。

皆さんも無いですか?外国人に道を聞かれて英語を話そうとする時に少し恥ずかしさを感じながら話す時って。

 

僕がそうだったんですけど、中学校から習っている"My name is ~."ですら恥ずかしい。

「発音あってるんやろか〜?」とか考えますよね。

しかも、発音も外国人とは違うし。

 

けどね、英語が難しいって当たり前なんですよ。

その理由を次で。

 

・言語距離の遠さ。

なんで、日本人からして英語は難しいとされるのでしょうか?

それは英語と日本語とは言語距離が遠いからです。言語距離って言うのは、発音や文法が似ているか似ていないか。なんですけど、日本語と英語では全く発音が違いますよね。

それが言語距離の遠さ。という事です。

 

反対に、フランスやイタリア、スペインなどヨーロッパに住んでいる方って比較的英語を勉強するのは簡単です。アルファベットを使っていますし。

よく話していると、「英語は簡単」と外国人の人が言う事がありますが決まってヨーロッパ周辺の言葉を話しています。

 

反対に、日本語は彼らからすると難しい。それも言語距離が離れているから。

しかも、日本語って孤立した言語なんです。日本は島国で中国から漢字が入ってきてそれが派生してひらがな、カタカナ、漢字という3つの種類が出来ました。

他の言語ではないですよね。韓国語くらいでしょうかハングルと漢字を使っているのは。

 

なので、この事から考えても英語は難しいとされています。

 

英語は難しい。だから・・・

英語は難しい。わかりました。

 

僕が思うに、「英語が話せない」と思わなくても良いんじゃないかなって。方言くらいに思っていくべきです。

イタリア人が話す英語も英語ですし、色々人種が色々な方言の英語を話しています。

なので、日本人が話す英語も立派な英語なんです。

 

今まで学んできた事で十分会話は出来ますし、要はなんでしょうね日本人が弱いところは。

僕も聞き取れない事が6割ですし、それでもなんとなーくは会話が成り立っています。笑

 日本でも英語は学べます、留学するのって僕も志していた時もありましたし将来は機会があればする予定です。

それは英語を学びたいというよりも、海外学生として住む事が自分の人生にとって良い経験になるから。

 

話がだいぶ逸れてしまいましたが、やっぱり日本人がそう思われていて「英語が話したいねん俺!」と思うのならそうゆう場所に自分から行く事かなーって!

 

やっぱり最後は個人に尽きますし、国民性がそう思われてる、日本人は英語が話せないとどこか僕ら自身も感じている所もありますし。

 

この辺はもっと調べたり感じたり必要がありそうですね、面白い!と思った話でした!

 

この辺で、今回も文章むちゃくちゃですが読んで頂き感謝です。